食と農のふれあいファーム「くるるの杜」は学びの場でもあります。
「農家の知恵をいただき!」は北海道各地からJA北海道女性協議会に所属する農家のお母さんが集結し、
自慢の料理を教えてくれる人気イベントです!

中標津町JAけねべつの長谷川さんは、地元のアイディアおやつ「ミルクもち」を教えてくれました。
作り方は、牛乳と砂糖と片栗粉を混ぜ、温めて固めるだけ。
固まったら、甘納豆を加えて完成です。きな粉で味付けしていただきます。

およそ2時間半で、5品が完成!どれも、農家のお母さんたちならではの知恵と
素材への愛情がこもった、とてもおいしいお料理でした。

「くるるの杜」では、今後も生産者に教わる体験プログラムを用意しています。
「手作りみそを作ってみよう」「オリジナルソーセージを作ろう」
  「モッツァレラチーズとストリングチーズを作ってピザで食べよう」など、この機会にぜひ体験してみませんか。
申し込み方法や、プログラムの詳細は「くるるの杜」ホームページでご確認ください
※イベントの内容は、予告なく変更になる場合がございます。

Qこの野菜の中で、仲間じゃないのはどれ?
(画面の絵は、トマト・ナス・ニンジン・ピーマン・ジャガイモ5種類です)

正解は番組動画を見てね!

ミルクもち

<材料>4人分

牛乳400ml

片栗粉大さじ6

砂糖大さじ4

小豆甘納豆大さじ4

きな粉大さじ8

塩と砂糖少々(きな粉と混ぜる用)

*甘納豆を入れない場合は砂糖を大さじ6にする。

<作り方>

鍋に牛乳と片栗粉、砂糖を入れてよく混ぜ合わせてから火にかける。

木べらでよく混ぜ、固まってきたら3分ほどよく練ってバットなどの容器に流し入れ冷ます。

冷めたらスプーンで一口大にすくい、砂糖・塩を混ぜたきな粉の中に入れてよくからめ、容器に入れる。